SMAPファンの猛批判が香取慎吾を追い詰める!? “隠し子騒動”今度は隣人が証言「3人で住んでた」

 元SMAP・香取慎吾の隠し子騒動に関し、今度は11日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、「隣に住んでいた」と語る人物の証言を掲載している。

 同誌は、2014年頃まで“香取一家”が住んでいたという六本木のマンションの“隣人”に取材。この人物は、「私の隣に家族3人で住んでいました」と話しているほか、「小学生くらいのお子さんも一緒でしたよ」「マンション内では2人が仲よくしている姿をよく見ました」などと“謎の少年”について証言している。

 しかし、香取といえば、8日に生出演した情報番組『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)で、「僕、お花見挑戦したいんですよ。今まで(経験が)ないから。友だちの子どもと行きたいの。隠し子だと言われてる友だちの子どもと」「隠し子じゃないんです。友だちの子どもなんです。困ってます!」と疑惑を完全否定している。

 いくら人気商売の香取であっても、実の息子を「友だちの子ども」と生放送で連呼するような非人道的な行為をするとは思えない。だとすると、隣人の証言は“虚言”なのだろうか……?

「6日、香取の隠し子疑惑を『週刊文春』(文藝春秋)が報じると、SMAPファンは『慎吾の子どもだったらいいなあ』『事実なら、素直におめでとうって言いたい』と“祝福ムード”一色だった。しかし、2日後に香取が否定すると一転、ファンは『文春』を猛烈に非難。どんな続報があっても、香取の言葉を信じようと誓っているようです」(芸能記者)

 現在、「文春」の公式Twitter宛てには、SMAPファンから「謝罪してください」「一般人の12才の少年を無断で記事に掲載した罪をどう償うつもりですか」「廃刊してください」といったコメントが大量に寄せられている。

「ベッキーの不倫騒動時、『文春』は当初、LINE画面を掲載するつもりはなかったようですが、ベッキーが会見で記事を否定したために、載せざるを得なかった経緯がある。また、乃木坂46・松村沙友理の不倫報道も同様。松村がラジオで『事実じゃない』と発言したために、同誌は『記事の真実性を裏付けるため』として、有料サイト上に動画や会話を記録したメモを公開した。もし、同誌が香取の疑惑を裏付けるような素材を掴んでいるとしたら、同様の事態になりかねない。要は、ファンのバッシングが結果的に香取を追い詰める可能性もありうるということです」(同)

 SMAPファンから「謝罪しろ」との声が集中している同誌。同誌が掲載するのは「お詫びと訂正」か、それとも……?

ランキングに参加中です⇒にほんブログ村 芸能ブログ

このブログ記事について

このページは、newsmanが2017年4月12日 14:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アンジャッシュ・渡部建、実は“超セレブ芸人”!?  「佐々木希は玉の輿」の意外な業界評」です。

次のブログ記事は「激怒する木村ファンと「計算だ」とかばう道重ファン……道重さゆみの「キムタク」呼びが波紋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。