2013年4月アーカイブ

※画像:小雪 今年1月に韓国で第2子となる女の子を出産し、先月仕事復帰を果たした女優の小雪(36)。夫で俳優の松山ケンイチ(28)との夫婦仲もよく、仕事も家庭も順調という理想的な女性像といえる。さぞ憧れている女性は多いだろうと思いきや、なぜか近年は雑誌の「嫌いな○○ランキング」で上位に入ることが増えている。 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が女性読者を対象に実施したアンケート企画「女が嫌いな女 2...続きを読む
※イメージ画像:『スタイル武田流ポジティブの貫き方』著:武田修宏/アクアハウス サッカー元日本代表で、現在はタレントとして活動している武田修宏(45)の芸能生活に暗雲がたちこめているという。原因は、嵐の櫻井翔(31)を餌に美女との合コンをセッティングしまくっていたことにあるようだが…。「嵐といえば、今をときめくナンバーワン男性アイドルグループ。ジャニーズ事務所は結婚こそ慎重ですが、基本的にタレント...続きを読む
※イメージ画像:『久住小春写真集「Sugar Doll」』ワニブックス 先日、昼の生放送帯番組『PON!』(日本テレビ系)にて、水曜レギュラーのAKB48篠田麻里子(27)の下着があからさまに透けてしまい、“黒Tバック”のパンツを履いているとネット上で話題になった(※昼の人気番組で篠田麻里子の黒Tバックが透けすぎ!)。前田敦子(21)も昨年夏に泥酔痴態を「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた際、佐藤...続きを読む
※画像:セント・フォース公式HP西尾由佳理プロフィールページより 視聴率低迷を理由に3月末で打ち切りになった『知りたがり!』(フジテレビ系)の後を受けてスタートした『アゲるテレビ』(同)。『めざましテレビ』で長らくフジテレビの朝の顔として活躍した大塚範一と、元日本テレビで現在はフリーとして活動する西尾由佳理がMCを務めることでも注目されたが、放送開始直前になって大塚が患っていた急性リンパ性白血病が...続きを読む
※イメージ画像:フジテレビアナウンサー公式サイト「アナマガ」より オリコンの「好きな女子アナウンサー」ランキングや、週刊誌に掲載された潜在視聴率ランキングの女子アナ部門でトップに輝くなど、女子アナ界の女王とも呼ばれるフジテレビの加藤綾子アナ。高島彩が去った後の同局のエースとして、不動の人気を築いている。その高島とは今でも仲がいいようで、現在発売中の「女性セブン」(小学館)には2人が都内の超高級レス...続きを読む
※イメージ画像:『失格アイドル』著:小阪由佳/講談社 2004年に「ミスマガジン」グランプリを受賞し、グラドルとして活躍していた小阪由佳が、スポニチで官能小説の連載をスタートさせると同紙が報じている。連載スタートは5月1日からだ。 小阪は長身グラマラスボディを活かしたグラビアだけでなく、バラエティ番組などでも活躍し人気を得ていたが、2009年に突然、引退を宣言。3月を最後にブログの更新もストップし...続きを読む
※画像:板野友美/ともちん、ご機嫌斜め? 20日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の「め茶の水女子 AKB48期末テスト」。AKB48のメンバーで抜き打ちテストを行い、BKA(バカ)のセンターを決定する企画がスペシャル枠で放送され、平均20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を獲得した。 AKBメンバーに加えてお笑い芸人のキンタロー。が出演し、英国数理社の5教科...続きを読む
※イメージ画像:『MAGAZINE』黒木メイサ/SMR 昨年2月に「デキちゃった結婚」をした黒木メイサと赤西仁。9月に長女が誕生し、赤西は「高速オムツがえの仁」と仲間うちで呼ばれるほどのイクメンぶりを発揮していると、芸能マスコミは伝えてきた。 ところが、メイサが現在放送中のNHK大河『八重の桜』出演、そして連続ドラマ『TAKE FIVE?俺たちは愛を盗めるか?』(TBS系)へのゲスト出演など順調に...続きを読む
※イメージ画像:『壇蜜の妄想レストラン?お伴するならこんなお店舗?』/ぴあ 最近ではドラマ『お天気お姉さん』(テレビ朝日系)にも女優として出演し、ますます活躍の場を広げている、新エロスの女王・壇蜜。先日出演した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の新・食わず嫌い王決定戦では、Berryz工房のももちこと嗣永桃子に負けて彼女のモノマネを披露したのだが、本気で照れている姿が「普段の大...続きを読む
 4月18日の深夜に放送されたCSチャンネル・パラダイステレビの生放送番組『脱衣麻雀』に、元俳優の黒田勇樹が出演した。この番組は収監される前の堀江貴文(ホリエモン)氏が出演するなど、ワケあり著名人が登場することで知られている。 黒田勇樹は日本アカデミー賞新人賞も受賞したことのある元俳優で、昨年7月に歌手の中村瑠衣と結婚したものの、DV(家庭内暴力)などが原因で、現在は離婚調停中だ。フリーランスにな...続きを読む
※イメージ画像:『FYTTE 2012年4月号』学研マーケティング 昨年4月に40代の外資系証券アナリストと破局した女優の藤原紀香(41)に新恋人の存在が浮上した。19日付のサンケイスポーツがスクープしており、記事によるとお相手は外資系テレビ制作会社に勤務する年下の30代イケメンディレクターA氏。昨年秋に仕事を通じて知り合い、今年に入ってから本格交際に発展したという。 09年にお笑い芸人の陣内智則...続きを読む
※イメージ画像:『STORY 2 Celebrity present』EXIT LINE 憎めないタメ口キャラと明るい性格で大ブレイクしたモデルでタレントのローラ。決まり文句の「オッケ?」が流行語大賞にノミネートされた昨年に続き、今年も多くのバラエティ番組やCM、イベントなどにひっぱりダコとなっている。大御所にも臆せずにからむなど、奔放な物言いが魅力のローラ。その自由な雰囲気は見る者を存分に楽しま...続きを読む
 マンガ雑誌「漫画アクション」(双葉社)が、25年ぶりにグラビアオーディション・ミスアクショングランプリを開催した。同グランプリには500人の候補者が集まり、その中から選ばれた40人がWEB投票、撮影会、ハガキ投票などでしのぎを削り合うサバイバルオーディションに参戦していた。期間にしておよそ半年間という長き戦いの末、栄光の座に輝いたのが、森実咲ちゃん(17)と荒井つかさちゃん(18)だ!!ミスアク...続きを読む
※イメージ画像:『後藤理沙写真集』講談社 1997年に14歳でグラビアデビューし、99年の「ポカリスエット」のCMでブレイクした女優の後藤理沙(29)が6月中旬にAVデビューするという衝撃的なスクープを東京スポーツが一面で報じている。かつては黒髪ロングの正統派美少女として多くの男性ファンに支持され、清純派アイドルとして当時同じ事務所だった広末涼子(32)らと人気を分けあった彼女。元アイドルで現役女...続きを読む
※イメージ画像:『ティッケー大作戦!?YAVAY』hy4_4yh/The Label 今年の4月1日は、ほぼインターネット上にのみ残った文化と言えるエイプリルフールの騒ぎを横目に、Saori@destinyのことを思い出していた。彼女が最後のライヴをしたのは2012年4月1日。それ以降、公式なアナウンスが何もないまま、彼女は私たちの前から姿を消した。春にして君を想う。フリドリック・トール・フリドリ...続きを読む
※イメージ画像:『an・an 2013年3月13日号』マガジンハウス 「桃の天然水」(JT)、「三井アウトレットパーク」、「アサヒふんわり」(アサヒビール)などなど、この春からさらに多くのCMに出演しているローラ(23)。そんな彼女の「明るくカワイイ」イメージをおびやかしかねない“事件”の勃発に、本人自ら怒りをあらわにしている。16日発売の「アサヒ芸能」(徳間書店)が、トップ記事として「ローラ『障...続きを読む
 米倉涼子、上戸彩、武井咲に忽那汐里など、どの年代を見渡しても超一流の美女が揃っているオスカープロモーション。また女優業に力を入れている子たちだけでなく、中村静香、安田真愛や原幹恵らグラビアを主戦場としている子たちも、グラドル界で頭ひとつ抜けだしたカワイコちゃんが並び、さすがは“美の総合商社”と称されるだけあると嘆息するばかりだ。今回はそんなオスカーが誇るグラドル軍団の一員であり、2012年に日テ...続きを読む
※イメージ画像:磯山さやか写真集『AMISO!!』ワニブックス 2009年12月、女性誌によって車中キス写真がスクープされた読売ジャイアンツの長野久義(28)とテレビ朝日アナウンサーの下平さやか(40)。ドラフト1位指名直後のスキャンダルとして大いに話題を集め、その後も半同棲発覚や結婚秒読みなどと週刊誌をにぎわしてきたが、ついに破局したようだと「週刊ポスト」(小学館)が報じている。そして、そこには...続きを読む
※イメージ画像:フジテレビ系『ラスト・シンデレラ』より 11日に放送スタートした連続ドラマ『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)。主演は昨年2月に第二子を出産した篠原涼子(39)で、犬猿の仲の相手役に藤木直人(40)、カワイイ年下男子に三浦春馬(23)が配されている。このドラマ、「ちょっとエッチな大人の恋物語」をキャッチコピーにしているだけあって確かにちょっぴりエロかった。だがエロ以外のウリを感じ...続きを読む
※イメージ画像:『LinQ 新春特別公演?楽詣?あけましておめでとうございマ・シ・テ』ワーナーミュージック・ジャパン NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』が、週間最高視聴率20.1%と高視聴率でスタートし、すこぶる良い評判を獲得している。まだ序盤ではあるが、能年玲奈が演じる主人公・天野アキが、祖母の後を追って海女となり、思いがけないことから人気を得て地元のアイドルになる、というストーリーが今後展...続きを読む
※イメージ画像:『諸星和己Another side story?Still at?』イーネット・フロンティア 11日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、諸星和己(42)が和田アキ子(63)に暴言を吐いたとして話題を集めている。酔っ払った和田のエピソードを披露した諸星が、あろうことか芸能界のゴッド姉ちゃんに向かって「気持ち悪い!」と連呼したのだ。 番組恒例の芸能人同士のエピソードトー...続きを読む
※画像:日本テレビ系『35歳の高校生』より 女優の米倉涼子(37)が主演する連続ドラマ『35歳の高校生』(日本テレビ系)が13日からスタートする。このドラマは、全日制の一般公立高校に生徒として編入した米倉演じる35歳の謎多き女性・馬場亜矢子が、イジメや不登校など現代の教育問題を解決していく社会派学園ドラマ。「スクールカースト」という生徒間のヒエラルキーや、休み時間にトイレの個室にこもって一人でご飯...続きを読む
※イメージ画像:『ヘタウマな愛』著:蛭子能収/ベストセラーズ 今月1日、『俺はまだ本気出してないだけ』(松竹)の実写映画版の主役が、堤真一(48)から蛭子能収(65)に変更になったというニュースが流れた。6月に公開を控える作品だが、堤が突然降板し、変わりに蛭子が抜擢されたというのだ。原作をご存知の方ならわかるだろうが、確かに主人公シズオは、中年小太りで漫画家を目指しているダメ男という設定で、まさに...続きを読む
※イメージ画像:左『ロンブー淳の2人ごはん恋する77皿』角川マーケティング/右『悪い見本?よい子はマネをしないでください?』ワニブックス 歌手の安室奈美恵やモデルの矢野未希子をはじめとした、数々の女性芸能人らと浮名を流してきたロンドンブーツ1号2号の田村淳が、タレントのmisonoと極秘でマカオ旅行を楽しんでいたのではないかとネット上で話題になっている。 淳とmisonoは昨年5月にも熱愛の噂が持...続きを読む
※イメージ画像:フジテレビ系『女信長』公式サイトより 低視聴率続きで“振り向けばテレビ東京”と揶揄されているフジテレビから、久々に明るい話題が聞こえてきた。 ナインティナインの矢部浩之(41)と元TBSアナウンサーの青木裕子(30)の披露宴を生中継した6日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ=以下同)が20.8%(午後7時?同8時54分)をマー...続きを読む
※イメージ画像:左『綾野剛 20092013』幻冬舎右『IQUEEN Vol.7 戸田恵梨香 “ACTRESS"[Blu-ray]』エイベックス・マーケティング芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、芸能界の裏側に横たわるオトコとオンナの深い業を掘り起こします。 3年近い交際期間を経て、結婚のウワサも出ていた戸田恵梨香と綾野剛だが、戸田と親しい女性タレントの情報によると、「恵...続きを読む
※イメージ画像:『わしズム』/著:小林よしのり/幻冬舎 4月4日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)での、漫画家・小林よしのり氏の発言が話題になっている。この番組は、MCをナインティナインの矢部浩之とマツコ・デラックスがつとめるトークバラエティ。過去5回の単発特番が評判を呼び、このたびレギュラー化となった。世間的に問題があると思われる“アウト”なゲストを呼んでトークを繰り広げる内容な...続きを読む
※イメージ画像:『Saeko One&only』集英社 女優やタレントとしてこれといった実績はもたずとも、日本を代表する野球選手ダルビッシュ有(現テキサス・レンジャース)と出来ちゃった婚。そして、2年足らずの結婚生活を経て離婚、とプライベートでさまざまな話題を振りまき、立派な“毒女タレント”として成功を収めている紗栄子(26)。 離婚の際に報道された、慰謝料24億円、養育費は月に1,000万円の要...続きを読む
※イメージ画像:『ナットウーマン』著:園山真希絵/光文社 今年2月、経営していた会員制和食レストラン『園山』を閉店した園山真希絵に、あらぬウワサが出回っている。園山といえば、昨年、俳優の塩谷瞬と冨永愛の交際が発覚した際に「私も塩谷さんとお付き合いしていた」と二股交際を暴露し、一躍時の人となった人物。「園山」には業界人の客も多かったとはいえ、行列のできるレストランの有名シェフというわけでもなく、家庭...続きを読む
※イメージ画像:『ar 2012年1月号』主婦と生活社 薄着の女性が増えてくるこの季節、女性の胸元ばかりつい気になってしまう読者諸兄も多いのではないだろうか。街中で真木よう子ばりの爆乳を見かけることはまずないが、深い谷間にはつい目がイッてしまうもの。真木ほどになると、細身の体型にそぐわないスイカップでさすがに現実味が薄いが、かといって「おっ、巨乳」と目をやると、そこそこポッチャリ体型であるパターン...続きを読む
※画像:篠田麻里子/まさかこの時もTバック?(C)AKS 今年も5?6月に予定されているAKB48の選抜総選挙だが、今回は「立候補制」というややこしい制度が導入された。これをすぐに理解し、真っ先に「出ます」と宣言したのは、グループ現役最年長の篠田麻里子(27)だった。次の誕生日では28歳。立派なアラサー世代だが、その人気も美貌も未だ衰えない。さらに演技や歌唱力は酷評されてきたが、頭の回転の良さと人...続きを読む
※画像:前田敦子/ちょっと変わった? AKB48を卒業して以来、憑き物が落ちたかのように美しくなったと評判の前田敦子(21)。ショートのイメージが強かったヘアスタイルも今ではロングになり、先日姿を現した日本アカデミー賞授賞式や沖縄国際映画祭の舞台では艶やかな黒髪が肩下まで伸びていた。「アイドル時代は、女子高生風の衣装に似合う前下がりのショートボブの時期が多かった。あれはエラが張った輪郭を隠し、彼女...続きを読む
※イメージ画像:「長谷川豊の American Journey 最終章 ?僕に起きたことのすべて?より」 4月1日付で退職した元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(37)が、2日に期間限定ブログ『長谷川豊のAmerican Journey最終章?僕に起きたことのすべて?』を開設し、退職の原因となったニューヨーク支局勤務中の“経費使い込み”について「やっていない」などと言及して話題になっている。 9...続きを読む
※イメージ画像:『矢部家』著:矢部美幸/光文社 3年間にわたる交際を実らせて、3月27日に入籍を発表したナインティナインの矢部浩之(41)と元TBSアナウンサーの青木裕子(30)。4月6日放送の『めちゃ×2 祝ってるッ! 矢部浩之・裕子 結婚披露宴 緊急生放送スペシャル!!』(フジテレビ系)で二人の披露宴が中継される予定となっており、矢部の相方・岡村隆史とフリーアナの徳光和夫が司会進行し、極楽とん...続きを読む
※イメージ画像:『君待てども?I'm waiting for you?』Victor これまで深夜の単発番組として不定期放送されていた矢部浩之(41)とマツコ・デラックス(40)の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)が、4日レギュラー放送をスタートさせた。初回放送では、小林よしのり(59)や元SIAM SHADEの栄喜(41)など個性豊かなゲストとして出演。AKB48の熱狂的ファンであるという小...続きを読む
※イメージ画像:『ウーマンラッシュアワード2010』よしもとアール・アンド・シー 『THE MANZAI2012』決勝進出、『ABCお笑い新人グランプリ』最優秀新人賞、『NHK上方漫才コンテスト』優勝などのタイトルをゲットし、この4月から東京に進出した吉本興業のウーマンラッシュアワー。村本大輔(32)と中川パラダイス(31)による怒涛の早口漫才が人気で、関西地方では多数のレギュラーを持ち、今後の活...続きを読む
グラビア映するボンキュッボンのボディーの浜田由梨ちゃん♪ お菓子系アイドルとして大活躍中の浜田由梨ちゃん。以前からチラリと見えそうなフェチズムで人気を呼んでおりましたが、このたび発売記念イベントを開催したDVD『sign』ではジャケットから麗しの肢体をおっぴろげ! DVD『sign』  横乳全開の素晴らしいジャケットです! 今作のタイトル『sign』って、由梨ちゃんからの「裸を見せたい」という“サ...続きを読む
※イメージ画像:左『東京ガールズジャーナル vol.2』セブン&アイ出版右『ミセスUNO』ベストセラーズ 芸能界を席捲している「ママタレ」ブーム。デキ婚の増加によって一層の拍車が掛かっており、アイドルやモデル、女優、歌手、お笑い芸人まで様々なジャンルの子持ち女性芸能人がママタレと呼ばれるようになった。単にテレビに露出するだけでなく、多くのママタレがファッションやダイエット、ベビー用品などをプロデュ...続きを読む
 “美人すぎるヴァイオリニスト”といえば、日本テレビの『NEWS ZERO』でカルチャーキャスターも務める才女・宮本笑里ちゃんが有名だが、同じように幼少期からヴァイオリンを嗜んでいた女性がグラビア界に登場! それが陶磁器のような白い肌を持ち、清楚なお嬢様然とした佇まいの鈴鹿ちゃんだ。絵に描いたようなお嬢様ぶりにもかかわらず、発売した新作『ストラド?美人で可愛いすぎる現役女子大生ヴァイオリニスト?』...続きを読む
※イメージ画像:『能年玲奈2013カレンダー』トライエックス 4月から各局で続々と新ドラマが始まる中、宮藤官九郎が脚本を手がけ、能年玲奈(19)がヒロインを務めるNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』も1日から放送が開始された。『タイガー&ドラゴン』(TBS系)『木更津キャッツアイ』(同)などの人気脚本家・宮藤の知名度と、栗山千明、蒼井優ら有名女優を多数輩出してきたローティーン向けファッション雑誌...続きを読む
※イメージ画像:左『篠田麻里子 MARIKO magazine』集英社右『GiRLPOP 2013 WINTER』エムオン・エンタテインメント 毎年恒例の選抜総選挙が近づき、今年は「立候補制」を導入することで新たな話題を振りまいているAKB48。しかし女性だらけの大所帯グループゆえ、内部には不和もあるとかねてより言われるが、3月29日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも「篠田麻里...続きを読む
※イメージ画像:松竹芸能オフィシャルサイトより テレビ朝日系の情報番組『ワイド!スクランブル』に出演し、洗脳騒動の“真相”をブチ撒けたオセロの中島知子(41)。先月29日と1日の2回にわたって中島は同番組にインタビュー出演し、年収約7,000万円と貯金があったにもかかわらず家賃滞納するほどになった浪費癖について「税金対策だった」などと説明。経費として計上することを考えて、高級車や衣装などを頻繁に購...続きを読む
※イメージ画像:『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.3』ワニブックス ナインティナインの矢部浩之(41)が27日、かねてから交際中だったフリーアナウンサーの青木裕子(30)と結婚したことを発表した。同日夜に都内の区役所に2人そろって婚姻届を提出した後、相方の岡村隆史(42)がホスト役を務めるネット配信限定トーク番組で矢部が結婚を報告。放送終了後、矢部は所属事務所を通して「恥ずかしながら...続きを読む

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。