2013年1月アーカイブ

※画像:キングコング/左:西野亮廣、右:梶原雄太 キングコングの西野亮廣(32)がまた叩かれている。きっかけは、先日、ニューヨーク在住のミュージシャン清水勇博(29)との入籍を発表した歌手の植村花菜(30)に、元カレである西野が自身のTwitter上で祝福コメントを書き込んだからだという。その内容とは、「植村花菜ちゃんが入籍を発表しましたね。本当に本当におめでとう! 彼女なら絶対に気立ての良いお嫁...続きを読む
※イメージ画像:ノースリーブス『キリギリス人(初回生産限定盤C)』ERJ AKB48の一期生メンバーである峯岸みなみ(20)が、ついに撮られてしまった。31日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、彼女がある男性の一人暮らしの自宅で一晩を過ごしたことを写真つきで伝えているのである。お相手の男性は、EXILEの弟グループで昨年11月にメジャーデビューした「GENERATIONS」のパフォーマー・白濱亜嵐(...続きを読む
※イメージ画像:『AKB48の戦略!秋元康の仕事術』アスコム AKB48の総合プロデューサーである秋元康(54)と、ジャーナリストの田原総一朗(78)の対談本『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 秋元康×田原総一朗』(アスコム)が28日に出版された。今やすっかりAKBにハマッてしまったという田原が、国民的アイドルグループを秋元がいかにして育て上げたかを根掘り葉掘り聞き出している。アイドル本ではなく...続きを読む
※イメージ画像:左『Color The Cover』rhythm zone右『ayumi hamasaki Rock'n'Roll Circus Tour FINAL?7days Special?』avex trax 現在発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が、「男が嫌いな女タレント・芸能人」ランキングを掲載している。「男が嫌う女の○○ランキング発表!」という特集記事のワンコーナーとして発表された...続きを読む
※イメージ画像:『AKB48生写真Theater 2012.May【光宗薫】』AKS 昨年10月、慢性的な体調不良を理由にAKB48を脱退した光宗薫(19)。1月上旬、彼女がレギュラー出演していたドラマ『ATARU』(TBS系)のスタッフが「『ATARU』劇場版準備中」の公式Twitterアカウントで、「光宗薫ファンの皆様へ」と題した応援メッセージを発信したことも話題となった。 光宗は昨年のAKB...続きを読む
※イメージ画像:『You Real』Air control 芸能界では、成長なのか老化なのか、はたまたヘアメイクによるものなのか、日々タレントたちがさまざまな変貌を遂げている。あからさまな美容整形を繰り返していると言われるのは浜崎あゆみ(34)や釈由美子(34)だが、「浜崎はどちらかと言えば撮影済みの写真に細かい画像処理を施している“レスポンス超人”。実物と、雑誌掲載写真やCDジャケットの肌感や目...続きを読む
※イメージ画像:ワタナベエンターテイメントHPより 昨年10月に放送された『おしかけスピリチュアル』(テレビ東京系)で一部の視聴者から注目を集めた女子大生スピリチュアリストCHIE(20)。ぽっちゃりとした容姿と愛くるしい笑顔はどことなく柳原可奈子を思わせ、およそ凄腕スピリチュアリストとは似つかわしくないが、その能力は数々の芸能人をうならせるものだと話題になっている。 年末に放送された同番組の特番...続きを読む
※イメージ画像:『まさか(初回生産分)(Type-B)』日本クラウン 「手ブラ騒動」に揺れたAKB48・河西智美の写真集『とものこと、好き?』(講談社)が発売中止になった。当初は問題となった表紙写真を差し替えたうえで2月上旬の発売を予定していたが、今月24日に発売元の講談社が中止を決定し、予約取り消しの呼びかけを開始。講談社側は、白紙に戻したうえであらためて河西の写真集を出版することを検討している...続きを読む
※イメージ画像:倖田來未『Color The Cover』rhythm zone 昨年7月に第一子となる男の子を出産し産休から復帰した倖田來未(30)が、2月27日にカバーアルバム『Color The Cover』を発売する。今月24日、その中から故hide(1998年に死去/享年33)の遺作「ピンクスパイダー」のカバーがFMラジオで初披露されたが、hideファンからは大不評でSNSなどで炎上状態...続きを読む
※イメージ画像:左『竹内結子オフィシャルカレンダー』SDP右『mina 2012年10月号』主婦の友社 2月2日に公開される映画『きいろいゾウ』に主演している女優の宮崎あおいが、夫役の向井理とセクシーなからみを見せていると、公開前から話題になっている。宮崎が風呂から裸のまま駆け寄ると、向井が宮崎の首元を激しく愛撫。乱れた息遣いと感じている表情を見せるなど、初のエロティックなシーンを演じているのだ。...続きを読む
※イメージ画像:『MORE 2012年3月号』/集英社 福山雅治が主演し、大ヒットしたドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)の続編が、4月スタートの月9枠で放送されることが発表された。原作は東野圭吾の人気ミステリーで、第一シリーズは今から6年前の2007年に制作され、全話の平均視聴率が20%を超えるヒット作品となっていた。そのため、低視聴率にあえいでいるフジは「何としても復活させたい」と昨年早い段階か...続きを読む
※イメージ画像:渡辺えりオフィシャルブログ「夢見る力」より 劇作家・演出家・女優・ニュースコメンテーターと多彩な顔を持ち、演劇界の女帝とも呼ばれる渡辺えり(58)の周辺が騒がしい。「週刊文春」(文藝春秋/1月24日号)で、彼女の劇団「宇宙堂」(2012年に解散)に所属していた27歳下の俳優・吉田侑生(31)と10年にもわたる不倫関係を続けていたと報じられたからである。内容は劇団主宰者である渡辺が、...続きを読む
※画像:普段はガッチリガードなんだけど… 今も昔も多くの女性たちを虜にしているジャニーズタレント。だが、最近は世代交代のスピードが遅くなっており、アラフォーのSMAPとアラサーの嵐が人気の柱という状態。この“高齢化”によって深刻になっているのがメンバーの頭髪問題だ。たとえ童顔で服装も若づくりしたとしても、頭髪の薄さだけは年齢が如実に表れてしまう。いくらイケメンであっても、さすがにハゲた中年が黄色い...続きを読む
※イメージ画像:『藤森慎吾 東京のチャラうぃ↑店』実業之日本社 昨年11月に熱愛が発覚したオリエンタルラジオの藤森慎吾(29)とTBSの田中みな実アナ(26)。同12月には藤森が過去にモデル女性を妊娠・中絶させ350万円の口止め料を支払ったと「週刊文春」(文藝春秋)が報じ、それを隠蔽するために藤森が田中アナとの交際を利用したというヤラセ疑惑も浮上した。一時は破局説も流れたが、先週発売の写真週刊誌「...続きを読む
※イメージ画像:『さらば青春の光「なにわナンバー」』アニプレックス 『キングオブコント2012』で準優勝し、目下人気上昇中の若手芸人「さらば青春の光」が、所属する松竹芸能を離れるという報道が流れた。各ネットニュースは、関係者の話として今回の2人の事務所離脱を「トラブルがあったようで事実上の契約解除」と配信。これに対して松竹芸能は「諸事情としかいえない」とコメントしており、さらば青春の光の森田哲矢(...続きを読む
※イメージ画像:『久住小春 Jump!!』アップフロントワークス 1999年に「LOVEマシーン」で大ブレイクしたアイドルグループ・モーニング娘。。その後もメンバーを入れ替えながら現在まで継続して活動しているが、一時期のムーヴメントは終息し、今はAKB48が「国民的アイドルグループ」の名をほしいままにしている。そんな中、元モー娘。で今はCanCam専属モデルをしているタレントの久住小春(20)が、...続きを読む
※イメージ画像:NHK大河ドラマ『八重の桜』公式サイトより 綾瀬はるか(27)主演のNHK大河ドラマ『八重の桜』が思わぬ苦戦にあえいでいる。初回平均視聴率21.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切ったかに思われたが、13日放送の第2話が18.8%、20日放送の第3話が18.1%と下降の一途をたどっており、NHK関係者からは「平清盛の二の舞か」と心配の声が上がっている。 大失敗に終わ...続きを読む
※イメージ画像:『美馬怜子2013カレンダー』トライエックス 芸能界で仕事をしていれば、誰でもキレイになっていく。プロのメイクアップアーティストの技は人を美しく変えることができるし、カメラに撮られる生活を続けると自然と表情に自信が満ち、肉体も引き締まってくるという。しかしどう見ても「化粧」や「成長」で垢抜けたとは言えないような“激変ぶり”を見せるタレントも少なくはない。 先日、『有吉ジャポン』(T...続きを読む
※イメージ画像:ももいろクローバーZ 有安杏果オフィシャルブログ「ももパワー充電所」より 昨年は横浜アリーナ2DAYSや西武ドーム公演を成功させ、同年末には念願のNHK紅白歌合戦出場も果たした5人組アイドルグループ「ももいろクローバーZ」。まさに大活躍の年だったが、人気上昇によって彼女たちは多忙を極めており、ファンやスタッフから「働かせすぎじゃないか」と心配の声も上がっている。 その心配が的中した...続きを読む
※イメージ画像:『DOCUMENTARY of AKB48Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見るスペシャル・エディション(2枚組)』東宝 首都圏を大雪が見舞った1月14日、神田明神には国民的アイドル・AKB48とその派生グループであるNMB48、SKE48、HKT48から、今年成人を迎えるメンバーが集合した。今年は峯岸みなみ、HKTの指原莉乃、AKBとNMBを兼任する横山...続きを読む
※イメージ画像:『an・an 2011年2月16日号』マガジンハウス 元旦早々、3歳年上のヘアメイクアーティストと6月に結婚することを発表した優木まおみ。2人は、彼が優木のヘアメイクを担当したことをきっかけに知り合い、優木は彼が副店長を務める港区の人気ヘアサロンにも通うようになったという。そして、昨年の5月に交際に発展すると6月にはプロポーズされたというから、トントン拍子でゴールインとなったわけだ...続きを読む
※イメージ画像:ビビる大木オフィシャルブログ「はじめましてこんばんみ。ブログ」より  またも芸能界に「二股男」が現れた。マルチタレントとして活躍中のビビる大木(38)が、巨乳美女とラブホテルデートしている現場を「フライデー」(講談社)に押さえられたのである。ビビる大木といえば、昨年7月にFolder5の元メンバーで女優のAKINA(27)との交際を公表しており、現在まで破局したという情報はない。1...続きを読む
※イメージ画像:『稼農楓 CARDGRAVURE COLLECTION』東京ニュース通信社 11人組アイドル「SUPER☆GiRLS」のメンバー・稼農楓(かのう・かえで=20)が、16日付で同グループを脱退した。SUPER☆GiRLSはエイベックス初のアイドルグループとして2010年6月に結成され、翌年には第53回日本レコード大賞新人賞を受賞。イトーヨーカドーのCMキャラクターにも起用されており、...続きを読む
※イメージ画像:フリーペーパー「シティリビング Freshers Special with kirajyo」より 「好きな女子アナランキング」二連覇を果たし、名実ともに現在の女子アナ界でナンバーワンのフジテレビ・加藤綾子アナ。年末年始も実に40本以上もの番組をこなすなど出ずっぱりだった。「かつては高島彩を筆頭に中野美奈子や内田恭子、大橋マキ、平井理央などアイドルアナがウヨウヨいた“女子アナ帝国”フ...続きを読む
※イメージ画像:『手島優 BIG LOVE ハイビジョン ブルーレイ版』スパイスビジュアル 吉木りさ、壇蜜、そして今をときめくAKB48。彼女らが雑誌グラビアを圧倒するおかげで、他のグラビアアイドルたちはすっかり厳しい状況に追いやられている。今から10年ほど前に「グラドルブーム」を作ったベテラングラドルたちは、軒並み結婚してママドル化し、結婚に至らない面々は女性ファン獲得に向けてダイエット本を出す...続きを読む
※イメージ画像:『1028_24 NANAO 菜々緒超絶美脚写真集』幻冬舎 昨年、ドラマ『主に泣いてます』(フジテレビ系)で女優デビューを果たしたモデルの菜々緒。バラエティ番組にも数多く出演し、『菜々緒スタイルブック』や『1028-24 NANAO 菜々緒超絶美脚写真集』(いずれも幻冬舎)を同時出版するなど、2012年の顔のひとりとして活躍した。その菜々緒がかねてより交際しているのが歌手の西川貴教...続きを読む
※イメージ画像:『劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール』バップ 昨年末に行われた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の大忘年会で、ローラが大暴れしていたことは既報の通り(※酒癖悪すぎ!! ローラがところ構わず嘔吐、ゲロまみれに)だが、またも爆笑問題がラジオで「実はローラの次にヒドかった出演者」を暴露していた。昨年11月に20歳の誕生日を迎え、飲酒解禁となった指原莉乃だ。田中は5日に放送された『王...続きを読む
※イメージ画像:『LEE 2012年1月号』集英社 山口智子(48)や鈴木保奈美(46)らベテラン女優が次々と復活している昨今。その中で最も動向が注目されているのが松嶋菜々子(39)だ。松嶋は20代のころにトレンディ―女優としてヒットを連発したが、04年の妊娠・出産後から人気が低迷。だが一昨年、2年ぶりの連ドラ主演作『家政婦のミタ』(日本テレビ系)が平均視聴率25.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地...続きを読む
※イメージ画像:『ワールド・フィギュアスケート 48』新書館 1月1日付で所属するトヨタ自動車を退社していたことがわかった、フィギュアスケートの安藤美姫。自身のFacebook公式ページで、退社に至った経緯や今の心境を明らかにしている。トヨタ側からは2014年のソチ五輪まで支援の申し出があったというが、ここ2年ほど公式戦に出場できていないため、社員としての義務を果たすことができないことを理由に契約...続きを読む
※イメージ画像:『うんちくブック』双葉社 いつの世もテレビ業界でもっとも話題になるのは視聴率。1980年代は首位争いにも絡んでいたTBSが90年代以降に低迷し、日本テレビとフジテレビが王座を争う状態が長く続いていたが、2012年の年間視聴率では、テレビ朝日がプライムタイムで平均視聴率12.5%を記録し、1959(昭和34)年2月の開局以来初の1位を獲得したと発表した。テレ朝は1957年、出版関係各...続きを読む
※イメージ画像:『SWITCH Vol.29 No.1』スイッチパブリッシング 俳優活動休止中の水嶋ヒロが、人気マンガを原作にした実写映画『黒執事』で主演を務め、芸能界に復帰することが明らかになった。『黒執事』は、2006年から「月刊Gファンタジー」(スクウェア・エニックス)で連載中で、08年にテレビアニメ化され人気が爆発的に広まり、松下優也主演で舞台化もされている。今回は原作とは違うオリジナルス...続きを読む
※イメージ画像:『サンドウィッチマン ライブツアー2012』エイベックス・マーケティング 国内テレビの放送内容を記録し、調査データとして提供するエム・データが、「2012年?2013年、年末年始のテレビ出演者ランキング」を発表した。調査内容は、2012年12月30日から2013年1月5日までの期間に放送されたキー局全テレビ番組に出演した人物の出演本数だ。発表されたランキングベスト10は以下の通りで...続きを読む
※イメージ画像:DVD『極楽とんぼのテレビ不適合者』上・下巻芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、芸能界の裏側に横たわるオトコとオンナの深い業を掘り起こします。 淫行騒動で活動休止中のお笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一について、相方の加藤浩次が4日に放送されたラジオ『加藤浩次の金曜Wanted!』(TBSラジオ)にて年内復帰をラブコール。それをネットニュースで知ったという...続きを読む
※イメージ画像:『Pre-mo 2009年11月号』主婦の友社 元フジテレビのフリーアナウンサー・千野志麻(35=本名・横手志麻)が、1月2日に宿泊していたホテルの駐車場で看護師男性(38)をひいて死亡させた事件を受けて、文化放送のレギュラー番組を降板することが正式発表された。 千野は事故翌日に自身のブログに謝罪文を掲載し、その後は親戚や知人宅に身を寄せるなどしているというが、逮捕や拘留をされてい...続きを読む
※イメージ画像:『Accidents Series2 荻野目慶子+篠山紀信』朝日出版社 6月に3歳年上のヘアメークアーティストと結婚すると発表された優木まおみや、北島康介との婚約が報じられたgirl next doorの千紗、さらに松浦亜弥とw-inds.の橘慶太が結婚間近といわれるなど、年末年始にかけて結婚話が浮上した芸能界。そんななか、女優の荻野目慶子も昨年の12月31日に2歳年上の一般男性と...続きを読む
※イメージ画像:『みんなの疲れを癒しんご』よしもとアール・アンド・シー 今月3日、元フジテレビのフリーアナウンサー・千野志麻(本名・横手志麻)の起こした死亡事故について、Twitter上で「チノパン可哀想」などと投稿し、ネットユーザーから激しい非難を受けていた楽しんご。ツイートを削除して事態は収束するかと思われたが、その後も「しんご反省しまちゅ」「わぁーい一荒れてる!一躍有名人だー2ちゃんねらーっ...続きを読む
※イメージ画像:CD+Blu-ray Disc『LOVE again』avex trax 昨年11月、歌手の浜崎あゆみとダンサー・内山磨我(まろか)の熱愛が発覚した。内山が浜崎のバックダンサーを務めたことが縁で親密になり、二人のツーショットがCDのジャケット写真に採用されていたことも判明した。ところが、発売中の「女性セブン」(小学館)が早くも二人の破局を報じている。 交際発覚直後、「マロちゃん(内...続きを読む
※イメージ画像:『私の奴隷になりなさい』角川書店 昨年もっともブレイクした女性といえばやはりグラビア出身の「美しすぎる32歳」壇蜜だろう。週刊誌のグラビアだけでなく、年末年始のテレビ番組にも実に20本以上出演、まさに出ずっぱり状態だった。ゴールデン番組でも自らを「エッチなお姉さん」と称して官能的な雰囲気を振りまく彼女。視聴者が期待するのもズバリその「エッチな」側面なのだが、6日放送の『サンデー・ジ...続きを読む
※イメージ画像:『封印歌謡大全』著:石橋春海/三才ブックス 昨年末のNHK紅白歌合戦で美輪明宏が披露した名曲『ヨイトマケの唄』が、ネット上で話題になっている。1964年に生まれた同曲は、戦後の激動の時代を貧しく苦しくとも互いにかばい合って生き抜いた母子の絆を描いた歌。黒のシンプルなスーツの“男装”で現われた美輪が、身ぶり手ぶりを交えて歌いきると会場は水をうったように静まり、その圧巻のステージに多く...続きを読む
※イメージ画像:紗栄子(Saeko)オフィシャルブログより タレントの人気のバロメーターであり、活躍の証でもあるCMギャラ。勢いや好感度を推し量るのには絶好の材料となるが、イメージが重視される世界だけにプライベートでの行動が影響するなど、アップダウンがシビアに反映される。 その最新リストが現在発売中の「FRIDAY」(講談社)に掲載されている。記事によると、男性のベスト3は石川遼(8000?1億円...続きを読む
※イメージ画像:『ブスの瞳に恋してる』マガジンハウス 1日に放送された『今年も生だよ!4時間笑いっぱなし伝説 100周年・最も売れる吉本No.1芸人は誰だ!?』(テレビ東京系)で、森三中の大島美幸が、生放送中にインパルスの堤下敦を名指しで批判し、話題になっている。大島が堤下に罵声を浴びせたのは、同番組の企画「よしもと同期芸人ぶっちゃけトーク合戦」の中。椿鬼奴が堤下と仲がいいと発言した後、コーナーM...続きを読む
※イメージ画像:『真夏のSounds good!』キングレコード 芸能人が正月休みをハワイで過ごすようになったのはいつごろからだろうか。最近は「ベタ過ぎる」としてオーストラリアなどで過ごす芸能人も多くなったが、いまだに「芸能人は正月にハワイ」という慣習はすたれていないようだ。 昨年大活躍したAKB48は、小嶋陽菜、篠田麻里子、峯岸みなみ、卒業が決定している河西智美らが元旦にハワイ入り。総合プロデュ...続きを読む
イメージ画像:「G-Dragon 1集 - Heartbreaker(リパッケージ版)(韓国盤)」 女優としても活躍するモデルの水原希子(22)と、韓国の人気グループ「BIGBANG」のリーダーであるG-DRAGON(24)の熱愛説が再び取りざたされている。二人が年末にタイのリゾート地・プーケットに旅行したという情報がネットを中心に広がっているのだ。 二人の熱愛説は、すでに昨年の夏ごろに大きな話題...続きを読む
※イメージ画像:『幸せをつかむ言葉の習慣』著:千野志麻/メディアファクトリー刊 元フジテレビのフリーアナウンサー・千野志麻(35=本名・横手志麻)が、ホテルの駐車場で通行人の男性(38)をひいて死亡させた件で、所属事務所の公式サイトに謝罪文を掲載した。千野は1月2日、帰省中だった静岡県沼津市のホテルの駐車場で男性をはね、自身で110番通報。男性は胸などを強く打ち、搬送先の病院で死亡した。 千野は「...続きを読む
※イメージ画像:加藤綾子ブログ「あやこ風」より ORICON STYLEが発表している「好きな女性アナウンサーランキング」でV2を達成したフジテレビの加藤綾子。さわやかなルックスや安定したニュース読みはもちろん、『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で共演している明石家さんまやとんねるずなどの大物を自在に転がすスキルも魅力の一つだ。若くして熟達した手綱使いになれたのは、音大出身ながらヤンキーグ...続きを読む
※イメージ画像:『桐谷美玲2013カレンダーフォトBOOK』集英社 今年はへび年。へびといえば「執念深い」などマイナスイメージもあるが、へび年生まれは占いの世界で「金運が強くお金に困らない」「愛情が深い」などといった傾向があるとされている。そんな傾向を持った芸能界の注目の年女たちの今年は、どんな年になるのか勝手に予測してしまおう。 24歳になる年女としては、多部未華子と仲里依紗の動向が気になるとこ...続きを読む
※イメージ画像:『菜々緒スタイルブック』幻冬舎 昨年躍進した女性タレントといえば、元SDN48の芹那(27)、グラビアアイドルの壇蜜(32)などが挙げられるが、もう一人は文句なく菜々緒(24)だろう。一昨年からファッション誌のモデルとしては活躍していたが、バラエティでのぶっちゃけ発言や一昨年7月にフライデーされた西川貴教(42)との交際を積極的にアピールして一般認知度も上げ、夏には『主に泣いてます...続きを読む
※イメージ画像:左『ヘルタースケルター スペシャル・エディション』Happinet右『an・an 2011年3月2日号』マガジンハウス 気付けばもう2012年も年の瀬。みなさまいかがお過ごしでしょうか、メンズサイゾー編集部です。今年も芸能界では様々な事件がありました。個人的には、上半期は吉木りさがまだグラビア界を席巻していたのに、いつのまにか壇蜜にとってかわられて「今年ナンバーワングラドルといえば...続きを読む
※イメージ画像:左『失格アイドル』講談社右『リア・ディゾン写真集「ハロリア!Hello! Leah」』集英社 いつの時も艶やかな女性タレントたちが話題をふりまく芸能界。昨年は沢尻エリカが映画で全裸濡れ場を披露し、清純派女優として知られる黒川智花が突然セミヌードになり、元バレリーナで女優の草刈民代が見事なフルヌードを見せるなど、自慢のカラダを惜しげもなく披露して我々を魅了してくれた。そこで今回は、期...続きを読む

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。